自然素材の家を建てるメリット|健康には変えられない

自然と住むということ

作業員

自然素材が人気な訳

家を建てるにあたって求めることは人それぞれですが、その中でも自然素材の家とはどういった特徴があるのかという点に注目していきます。定義としてはシックハウス症候群や科学物質過敏症を防ぐため、建てるときに化学物質を使用しないことが挙げられます。健康面において自然素材の家はとても良いとされており、アレルギーやアトピーの心配も減らすことが出来ます。自然素材の家は国内の資材から作られることが多く、その耐久性は一般の家に使用される鉄やコンクリートに劣ることはありません。そのような家を作るために使用される主な素材として、漆喰や珪藻土、無垢材があります。漆喰が人体に影響のある化学物質は含まれておらず、耐水性にすぐれています。珪藻土は耐火性や消臭性に優れ、人体に有害なホルムアルデヒトを吸収する働きをします。無垢材は天然の素材であり、その見た目の美しさから床材などに使用されています。主に防虫効果や断熱、保湿性に優れています。ずっと住み続けたくなるような気がしますが、これらの素材は環境に影響を受けやすく、長年住み続けると素材がひび割れてしまったり割れたりすることがあります。また、こういった素材で家を建てる場合、素材の加工が難しい分コストがかかってしまうことも現状の一つです。自然素材の家は健康面、安全面では心配する要素は限りなく少ないです。経済面においても初期投資はかかってしまうにせよ、親子代々住む事ができるので長い目でみればローコストです。また自然素材の家を建てるときは、一般的な家がモデルハウスを建てる時と違い、業者の方と相談しながら行うことが殆どです。そのため、自分好みの家を建てることが出来るのです。