自然素材の家を建てるメリット|健康には変えられない

家族が健康に生活できる家

住居模型

安心で安全な家づくり

毎日の生活の基盤となる家。最もくつろげる場所である家に有害な化学物質が使用されていたら、長年暮らすことによって健康被害が出てしまう可能性があります。以前に社会的問題となったホルムアルデヒドやアスベストなどでその危険認知度が高まったため、現在ではそれらを使った製品は住宅にほぼ使用されていませんが、最近の傾向として家族の健康を考えた、体に優しい自然素材の家を求める人が増えているのです。自然素材とは木材や石、土など自然界にあるもので、処分する際にも有害物質を発生することなく自然に還るものを使用した素材のことで、住宅に使用されるものとしては草を原料とした壁紙、コルクや無垢材をつかった床や柱、漆喰や珪藻土などがあります。自然素材の家の特徴は有害物質を含まないので健康面での安心はもちろん、湿気や結露などの吸収性が高く空気環境を整えること、傷がついても補修が可能で耐久性が高いことなどが挙げられます。また意外にも防菌、防虫効果にも優れていて、アトピーやアレルギー抑制にも繋がることが自然素材の家に注目が集まる要因なのです。大量生産できる合成素材よりも自然素材は若干費用が効果であることが難点ですが、人生の大部分を過ごす場所である家は、安心安全でなければなりません。家族が健康に生活できるということは、何よりも大切なことなのです。このように考えている人が増加している結果、自然素材に注目が集まり多くの住宅メーカーがいろいろなプランに取り入れ始めているので、自然素材の家は更に身近になっていくでしょう。

お家

自然に囲まれた暮らし

杉やパインウッド、砂や珪藻土を使用した自然素材の家は、アレルギー物質も少ないと言われ住みやすいと人気がある。自然素材で家を立てたいと考えたら、素材の特性を知り、実際にこれらを使用した家を見るなどして、知識を身につけた上でイメージを膨らませ他方が良いだろう。

積み木

健康的な暮らしを

有害物質の放出量が少ない自然素材の家では、健康的な生活ができます。調湿性や断熱性もあるので、屋内の湿度や温度が保たれやすくなる点もメリットです。そのため雨漏りやシロアリ被害も防ぎやすく、さらには省エネ生活もできます。また無垢材の場合、年月の経過による色合いの変化も楽しむことができます。

作業員

自然と住むということ

自然素材の家は、健康面や安全面、経済面に優れています。自然素材は環境に影響を受けたり、加工が難しく時間がかかってしまう分多少コストがかかりますが、長い目でみるとローコストです。ずっと住みつづけられて、メリットが多いので自然素材の家は人気があります。